一例として1ドル=100円でドル

.

  • .


    どこにでもある経験の浅い方向けのFX取引のテキストでは、「損失が生じた時にはナンピンすることでポジションの買い付け価格を抑える」と説明されていると思いますが現実にはそれには相当大きな落とし穴が潜んでいます。

    ナンピンの理屈について易しく説明しておこう。

    一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

    ドル買いのためドル高に向うほど利益を得られますが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまった。

    このままの状態でポジションを保持し続けたらプラスになるためには、ドル安になった分、円安が進まなければならない。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

    誰でも、損失は出来るだけ早く回復したいと願うだろう。

    それを解決するためはじめに売買したのと同額の$(ドル)を、買い増しする。

    それによって、ポジションの単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

    結果として、半分の幅で円安に推移すれば、マイナスを回復する事ができます。

    このような、ナンピンの理論を理解すると「納得だ」と思ったりするが簡単には問屋を卸してくれない。

    元々、1ドル95円より下がらないとはなんびとも分かるはずがありません。

    為替がかなりのドル安の流れだとすると、95円では収まらず、さらに円高ドル安が進む危険性は高くなります。

    仮定として、97円50銭でナンピン買いをするとしても1ドル95円まで円高ドル安に進んだら、ナンピンしたポジションについても損が生じます。

    そういう状況では最初に取引したドルとあわせて倍のマイナスを被ることになる。

    それゆえ、ナンピン買いは難しいです。

    それならば、相場があなたの筋書きとは逆向きにすぐに進んだ場合いかなる対応で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

    こういう場合には選ぶべき手段は多くはありません。

    ひとつは観念して損切りをする事です。

    もうひとつの手段としては現在、あなたが保有している買いポジションを小さくする事で、再度為替がリカバリするのを黙って待つことだ。

    相当受動的な対策だと考える人もいるでしょう。

    だが、自分の持っているポジションに損が生じた場合妥当な対策はこれよりいいものは期待できない。

    無論、机上ではナンピン買いという術も有効です。

    だけどナンピンは損失を披っているにもかかわらず、ポジションを減らすどころか、遂にポジションを重ねていく手段です。

    これでは、危機を回避することなど、どう頑張ってもやりようがないと思うべきです。

    ナンピン買いをしていけばいつの日にか勝てるかもしれない。

    けれども、そうなる前に資金が無くなってしまいます。


    HOMEはこちら


  • 多少の上下動を繰り返しているだけだろう
  • 浮利で収益を得ます
  • もう遅いな」ということが分かってきます
  • しばらく経てば円安になる
  • 自分の作った物語とは反対の方向に市場が動いてしまい
  • 初めに「店頭取引」の場面
  • 売値のことをBID(ビット)
  • いざはじめよう!?と考えても貨幣が高騰する
  • スプレッドが低いのと合わせて変化が小さい事が大事です
  • 一例として1ドル=100円でドル
  • 異なってくるためほんのわずか
  • 別件として「申告分離課税」のターゲットとなるのです
  • する際は大変便利なネタとなります
  • 80円50銭から52銭で取引されています」という風にです
  • 高額の印象があると思う人間もいらっしゃるかと思います
  • 取引されているという訳
  • ひときわアメリカ合衆国の雇用者の統計はポイントとなります
  • 変化しています
  • 国々の景気状態や政治の情勢等の数多くの事象が要因です
  • 今まで含み資産(または含み損)
  • 勧誘?
  • オンラインゲームへの課金について
  • カスタムカーは
  • 走行距離が100キロと6万キロで
  • 化粧品を選ぶ前に覚えておきたいこと
  • 転職したいけど転職ができない
  • カードのグループやブランドが違うと海外旅行保険の傾向
  • 印鑑証明書とは
  • よく注意していて感覚的に覚えのない決済
  • その差は代理店型の自動車保険
  • 誤りや重複した請求についての照らし合わせも
  • 管理が甘くなります:使用していないクレジットカードという部類
  • 不便性について列挙しました
  • こういった証書類を用意するとともに
  • 人による差があり個々の年齢ごとに性質があります
  • 若い世代の車所有への無関心にあると考えられます