自分の作った物語とは反対の方向に市場が動いてしまい

.

  • .


    現実にパソコンの画面の前に座って、いつも上下動しているマーケットを見ると、どことなくトレードをしなくてはいられないという思いに駆られる場面も少なくないだろう。

    しかしながら、あやふやな思いで売買することは絶対に避けてほしい。

    事実、相場は24時間、どういう時でもどこかの国で為替相場が変動しているし、マーケットも休みなく動いています。

    とは言っても、何回も売り買いをするとそれだけで損をする確率が高くなります。

    当たり前ですが、売買の数を増やすことによって、トータルで儲けられる確率が半々になっていきます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

    しかしその事は「なんだか分からないアイデアで取引」してしまうこととは別の話だ。

    取引回数を積み重ねる事の意味は自ずから「ここだ!」と感じた勝算を持ったところでの売り買いの回数を重ねるという意味である。

    ただ何となく、連続して注文を経験するのとははっきりと異なります。

    市場の駆け引きに勝つためには、白分で思案してメリハリをつけることが重要です。

    「だいぶ難解なマーケットでどう上げ下げするのかわからないな」と感じたならば執着しないでポジションをすべて閉じて放置します。

    これぐらいのメリハリをつける方が、結果的には取引は成功します。

    外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

    文字通りその通りです。

    FXとは、いついかなる時でもポジションを持つことが全部ではなく何も所持せず何もしないことも場合によっては相場なのである。

    そうであるならば、どの場面で休むといいのでしょうか。

    最初に考えられるのが、先に述べたように、今の外国為替相場が曖昧で理解できない時です。

    今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は思いつきで行動すると、自分の作った物語とは反対の方向に市場が動いてしまい、損失を被ることになる。

    だから、そういうケースではポジションを整理して何もしないで黙ってみているだけが最善の策です。

    もうひとつは、体の調子があまりよくない時です。

    体の状態と市場に関係がない考える人もいるでしょうが現実には思いのほか関係がある。

    体の状態が悪い時は市場の肝心な場面で必要不可欠な決定ができません。

    やる気がわかない時は、市場から離れる事も肝心な事です。


    HOMEはこちら


  • 多少の上下動を繰り返しているだけだろう
  • 浮利で収益を得ます
  • もう遅いな」ということが分かってきます
  • しばらく経てば円安になる
  • 自分の作った物語とは反対の方向に市場が動いてしまい
  • 初めに「店頭取引」の場面
  • 売値のことをBID(ビット)
  • いざはじめよう!?と考えても貨幣が高騰する
  • スプレッドが低いのと合わせて変化が小さい事が大事です
  • 一例として1ドル=100円でドル
  • 異なってくるためほんのわずか
  • 別件として「申告分離課税」のターゲットとなるのです
  • する際は大変便利なネタとなります
  • 80円50銭から52銭で取引されています」という風にです
  • 高額の印象があると思う人間もいらっしゃるかと思います
  • 取引されているという訳
  • ひときわアメリカ合衆国の雇用者の統計はポイントとなります
  • 変化しています
  • 国々の景気状態や政治の情勢等の数多くの事象が要因です
  • 今まで含み資産(または含み損)
  • 勧誘?
  • オンラインゲームへの課金について
  • カスタムカーは
  • 走行距離が100キロと6万キロで
  • 化粧品を選ぶ前に覚えておきたいこと
  • 転職したいけど転職ができない
  • カードのグループやブランドが違うと海外旅行保険の傾向
  • 印鑑証明書とは
  • よく注意していて感覚的に覚えのない決済
  • その差は代理店型の自動車保険
  • 誤りや重複した請求についての照らし合わせも
  • 管理が甘くなります:使用していないクレジットカードという部類
  • 不便性について列挙しました
  • こういった証書類を用意するとともに
  • 人による差があり個々の年齢ごとに性質があります
  • 若い世代の車所有への無関心にあると考えられます